クールな方がやかんだ

日々考えたことや好きな映画・ヒーローのことを記録していきます。基本的にニッチ志向。

マーベル・パズルクエスト攻略:用語集キャラクター編(日本語&英語)

MPQ攻略情報。用語集その2。
随時更新・追加していきます。 英語との対応も載せておくので、邦訳されてないところの確認にも。

こちらは敵キャラクターや、プレイアブルキャラクターのグループについて紹介します。
グループというのは、各キャラクターの説明ページに記載してある区分のこと。スキルやサポートの効果がキャラクター区分ごとに発揮されることがあります。


名称英語説明
グループ
チーム・アイアンマン Team Iron Man シビル・ウォー*1でのアイアンマン派。ヒーローは国家に超人登録をし、行動を管理すべきという立場。考えなしに行動した自称ヒーローが、逆に市民に危害を加えることを危惧する。
チーム・キャプテン Team Cap シビル・ウォーでのキャプテン・アメリカ派。ヒーローは自主的な行動を重んじるべきとする派閥。国家に管理されることでヒーローの活動が制限または利用されることを危惧する。
アベンジャーズ Avengers 映画でもおなじみのヒーローチーム。アベンジャーズの一員となることはヒーローとして認められた証でもある。メンバーはよく入れ替わり、分裂したり統合したりするのでややこしい。
ダーク・アベンジャーズ Dark Avengers ノーマン・オズボーンの組織した偽アベンジャーズアベンジャーズを名乗っているが、その実体はヴィランの集団。
S.H.I.E.L.D. S.H.I.E.L.D. 映画でもおなじみのエージェント集団。長官はスーパースパイのニック・フューリー。平和維持組織ではあるが、時にはヒーローチームと対立することも。
モブキャラ(エージェントっぽい連中)としても登場。
X-Men X-Men 映画でもおなじみのヒーローチーム。こちらはミュータントと呼ばれる先天的に特殊能力を持った人々を守るため、プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアが組織した。テレパスやサイキック系の能力者が多い。メンバーにはウルヴァリンなどは後天的に能力を得たミューテイトもたくさんいる。
スパイダーバース Spider-Verse 全平行世界のスパイダーマンたち。詳しくはマルチバースの記事*2も読んでね。 中の人は国籍も人種も性別も様々で、ピーター・パーカーだったり別の人だったりするが、クモのスーパーパワーを持っていることは共通。
シニスター・シックス Sinister Six スパイダーマンを宿敵とするヴィラン集団。六人とは限らない。みんなスパイディが大好き。
ストーリーイベントのボスとしても登場。
ディフェンダー Defenders ニューヨークを守るヴィジランテのチーム。Netflixのドラマシリーズにもなっている、ルーク・ケイジアイアン・フィストデアデビルジェシカ・ジョーンズ。比較的市民に近いレベルで人助けを行う。
チャンピオンズ Champions シビル・ウォー2*3によってヒーロー達の分裂を経験し、世界を再び一つにしようと集まった若きヒーローのチーム。
インヒューマンズ Inhumans インヒューマン遺伝子によってスーパーパワーを持った宇宙人。地球人にも同遺伝子を秘めた者たちが存在し、彼らは「ミスト」を浴びることで能力が覚醒する。最近ドラマにもなって活躍中。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Gurdians of the Galaxy 銀河を守るアウトローなヒーローたち。メンバーの経歴は決して良いとはいえないが、今は罪のない人々を守るために日々悪党と戦っている。
ヤング・アベンジャーズ Young Avengers アベンジャーズに憧れ自分たちでチームを組んだ若きヒーローたち。それぞれオリジナルのアベンジャーズにちなんだコードネームを付けてるが、能力的には別に似てなかったりもする。
ファンタスティック・フォー Fantastic Four 最古参のヒーローチーム。宇宙からの放射線を浴びてスーパーパワーに目覚めた4人。4の字を胸にかかげたスパンデックスを頑なに着続けている。
敵キャラ
ノーマン・オズボーン Norman Osborn スパイダーマンの宿敵、元グリーン・ゴブリン。たわし頭でおなじみだが作品によってはイケメンおじさんになる。オズコープという大企業の社長。コミックのダーク・アベンジャーズでは自らアイアンマンのスーツを着て「アイアン・パトリオット」を名乗っている。なぜプレイアブルキャラとして参戦しないのかあまりに謎*4
H.A.M.M.E.R. H.A.M.M.E.R. 読み方はハンマー。S.H.I.E.L.D.に対抗してオズボーンが設立したエージェント組織。何かの頭文字だが単語にあんまり意味はないのはS.H.I.E.L.D.と同じ。
モブキャラ(エージェントっぽいやつらでS.H.I.E.L.D.と似てる)として登場。
ドゥームボット Doombots ドクター・ドゥームお手製のロボットたち。
モブキャラ(緑のアンドロイドやドゥームにそっくりのやつ)として登場。
マギア Maggia ニューヨークを拠点にするマフィア。ボスはキングピンことウィルソン・フィスク。
モブキャラ(スーツ着たおじさんたち)として登場。
ハンド The Hand ニューヨークに潜む悪のニンジャ集団。ゴーゴンことトミ・シシド*5が率いている。
モブキャラ(ニンジャっぽい連中)として登場。
ブラザーフッド Brotherhood 人間を下等とみなして攻撃しようとする悪のミュータント集団*6
MPQではノーマン・オズボーンによって実験体とされたミュータントたち。モブキャラ(マスクと管を付けた坊主たち)として登場。
ウルトロン Ultron アベンジャーズの天才科学者*7が作ったアンドロイド。自ら意志を持ち、人間を下等とみなして支配しようとする。もともと人造なので似たようなものがどんどん増殖する。
モブキャラ(銀のアンドロイド)として登場。
シンビオート Symbiotes 宇宙からやってきたドロドロの寄生生物。宿主の攻撃性を増幅させ操る。逆にこれを利用して強大なパワーを得るヒーローやヴィランもいる*8
モブキャラ(赤黄緑のネバネバしたやつら)として登場。
マインドレス・ワン Mindless Ones ドクター・ストレンジの宿敵ドルマムゥの棲む異次元の怪物。文字通り意志を持たない存在で、淡々と容赦なく破壊を行う。
モブキャラ(黒い岩みたいなやつら)として登場。
ギャラクタス Galactus 紫の兜をかぶった宇宙に棲むでっかいおじさん。主食は惑星。スケールがでかすぎて相手にするのは一苦労。
ストーリーイベントのボスとして登場。
メフィスト Mephisto 「ヘル(炎の地獄)」を統べる魔王。次元を超えた強大な力を持っており、地球のヒーローたちに意地の悪い取引を持ちかけることもたびたび。倒すべき敵というわけでもないが決して信頼できる相手ではない。
ストーリー上は登場するがバトル相手にはならない。
カエシリウス Kaecilius 映画ドクター・ストレンジより、魔術の秘技を使って地球に異次元の魔王ドルマムゥを呼び寄せようとしたヴィラン。コミックでは大したキャラクターではないが、マッツ・ミケルセン先生の演じる映画では大活躍。
ストーリーのボスとして登場。
アポカリプス Apocalypse 強大な力を持ち世界を支配しようとするミュータントのヴィラン。彼が世界征服を果たしてしまった未来も存在する。X-MENのメンバーを洗脳して側近(4人のホースメン)に据えることも。
ストーリーのボスとして登場。



今回の記事はここまで。


*1:若いヒーローの過失により一般人を巻き込んだ事故が起きたことをきっかけに、ヒーロー活動を国家が管理すべきかどうかアイアンマンとキャプテン・アメリカが対立した事件。ヒーロー活動に関わるため、他のヒーローたちもたいていはどちらかの立場で行動した。

*2:https://yakan3cool.hatenablog.com/entry/marvel-multiverse

*3:今度は強大な力を持った若いインヒューマンの処遇をめぐってアイアンマンとキャプテン・マーベルが対立。

*4:一応グリーン・ゴブリンとしてはボスとしてもプレイアブルキャラクターにもなったけど。

*5:インヒューマンズにもゴーゴンというキャラクターがいますが、MPQに出てるのはシシドさんの方。

*6:元々悪かったころのマグニートーが率いていたが、後に更生。

*7:ピム博士だったりスターク氏だったり

*8:ヴェノムやカーネイジ。